飼い主さん必見!アメリカンショートヘアが患いやすい2つの病気とは?

2021年3月9日

アニポス提携獣医師
鳥海早紀先生

皆さんこんにちは!獣医師の鳥海です!
今日は人気の猫種であるアメリカンショートヘア、通称アメショちゃんについてお話ししたいと思います。

アメリカンショートヘアはどんな猫?

アメリカンショートヘアは大きく丸いお目目が特徴的で、口元がむっちりしていて短いしっかりとした毛がモコモコの愛らしい猫ちゃんです。
保険会社さんの集めたデータでは、毎年人気上位に食い込み日本で昔から根強い人気がある猫ちゃんとして知られています。

みなさん、アメリカンショートヘアというと美しいシルバーの縞模様の猫ちゃんを想像するかもしれませんが、実は思ったよりたくさんの毛色があるのをご存知ですか?
普段イメージするシルバー模様はシルバータビーと呼ばれますが、そのほかにもレッドタビーや縞模様なしの毛色、3色の毛色を持つアメショもいたり、毛色は30種以上にも及ぶと言われているそうです。

性格は基本おおらかですが、原産地であるアメリカではワーキングキャットつまりはネズミ退治のお仕事をする猫として活躍していたので好奇心は旺盛、運動も大好きなのがアメショちゃんの特徴です。
おうちではしっかり、遊べる環境を用意してあげてくださいね!

それではそんなアメリカンショートヘアに気をつけて欲しい病気をご紹介したいと思います。

アメリカンショートヘアに気をつけて欲しい2つの病気とは?

1.肥大型心筋症

まずは、心臓の病気についてです。
肥大型心筋症と言って、心臓の筋肉が分厚くなり心臓の重要な働きである血液のポンプ機能が弱くなってしまう病気です。中年齢以上で特によく認められるようになるので、要注意です。
体に十分な血液が送られにくくなるため、体が疲れやすくなると言った症状が起こり、気づく飼い主さんもいらっしゃいます。
しかしそれ以外に目に見える症状が少なく、元々温和な性格のため変化に気づきにくく病気が進行してから気づくことがほとんどです。
重症化すると不整脈を起こしたり、大動脈血栓塞栓症により後肢が麻痺するといった症状が認められ突然死につながる恐れもあります。
病気に気づくためには、運動量の日々の観察と定期的な健康診断が重要です。

2.多発性囊胞腎症

次に、アメリカンショートヘアに特徴的な病気として多発性囊胞腎症が挙げられます。
病気の名前の通り、 腎臓に小さな嚢胞が多数できる病気です。嚢胞とは、分泌物が袋状に貯まる状態のことです。
この病気は、遺伝性とも言われており、嚢胞は加齢とともに増えていき、一つ一つの嚢胞が大きくなっていきます。それに伴い、腎臓の機能が失われ腎臓の機能が悪くなってしまう病気です。
症状としては、お水をよく飲むようになりそれに伴い尿量が増えたり、食欲が減ってきたり、吐き気などが見られることもありますが病気の進行はかなりゆっくりであるため、症状に気づきにくいこと多く、先ほどの心臓病と同様に病気の進行してから気づくことが多いです。
早期発見のためには定期的な腎臓のエコー検査がおすすめです。

アニー先生
アニー先生

少しでも異変を感じたら動物病院へ相談してみてくださいね。

まとめ

健康診断で動物病院を受診する際は、事前予約が必要であったり、事前準備(検査のための絶食など)や注意事項を確認しておくと当日スムーズに検査が行えます。受診予定の動物病院に一度電話で確認してみてくださいね。

いかがでしょうか?病気は早期発見すれば、重症化することを防ぐことができます。ぜひ、大切な家族であるアメリカンショートヘアちゃんに健康でいてもらうためにも、日頃から観察・定期検査されることをご検討くださいね。

アニー先生
アニー先生

アニポス公式ブログは犬や猫などペットの飼い主さんの悩みを解決できる記事が充実してます。ブックマーク・お気に入りに追加して愛犬・愛猫との暮らしにお役立てください。

著者・鳥海早紀先生のプロフィール 

元動物病院院長。現在はSNSを駆使し、獣医師の仕事のリアルや、獣医師を目指す人達に向け情報を発信中。

SNS(Youtube,Instagram)

鳥海先生の記事一覧はこちら

Tag

おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
しこり
しっぽ
しつけ
におい
ぶどう
まとめ
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アニマルセラピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
アンケート
インタビュー
インフルエンザ
カビ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
サルモネラ症
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
バルトネラ症
フィラリア
ブドウ膜炎
ブラッシング
ヘルニア
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
メンタル
リラックス
レプトスピラ感染症
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生理
生殖器疾患
田積先生の記事
甲状腺機能低下症
病気
痙攣
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
睡眠
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緑内障
避妊
肛門腺
肛門腺炎
肛門周囲腺腫
肝炎
肥大型心筋症
肺水腫
胆嚢粘液嚢腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
膣炎
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食欲低下
食中毒
飲み薬
首輪
角膜障害
認知症
誤食
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
谷口先生の記事
貧血
鳥海先生の記事
鳴き声
車酔い
鼻水
SFTS
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
動物団体
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
和田先生の記事
喧嘩
嘔吐
噛む
回虫
回虫症
外耳炎
多頭飼い
多飲
多尿
大川先生の記事
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
寄付
小型犬
尿
尿石症
尿路疾患
尿路感染症
尿検査
屋外
山田先生の記事
心臓
心臓病
心不全
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
拘束型心筋症
拡張型心筋症
排尿障害
救急
散歩
栄養
桑原先生の記事
検査
歯磨き
歯周病
毛玉
気管虚脱
治療
注射
消化器疾患
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
不整脈
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人獣共通感染症
人気
仕事
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top