ブログの画像

猫の抜け毛の季節って?

2021年4月20日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
大川拓洋先生

猫の抜け毛の季節は「春先」です。

アニー
アニー

やっぱり春先だよね・・・?

毛の生え代わりには、日照時間・気温が大きく影響しています。
しかし、室内飼いの猫は季節による日照時間・気温の変化を感じにくくなっています。

ひなたぼっこが重要!

春先に毛の生え代わりを発生させやすくするには「日照を感じる」ことが大事です。ベランダや出窓でリラックスしている猫ちゃんはばっちりです。
ちなみに、外飼いは事故のリスクが高まるのでお勧めできません。

ポス代
ポス代

抜け毛とひなたぼっこが関係あるなんて意外!

季節外れの大量の脱毛は「病気」かも

脱毛は猫の生理現象ですが、やっぱり抜け過ぎは気になりますよね。
脱毛を引き起こす病気があります。

・寄生虫性/アトピー性/脂漏性/細菌性/真菌性皮膚炎
・副腎皮質機能亢進症
など

毛の生え代わり時期以外でたくさん抜けていたら、動物病院でみてもらいましょう。

マメ知識:毛ってなんだ?

そもそも毛とは、「皮膚の細胞の角質化によって生じた構造物」です。
動物の体は無数の細胞からできていますが、その細胞が死ぬ(核と呼ばれる構造物が消失する)事を角質化と言います。
例えば、腕の皮膚(生きた細胞)をカッターで切ると痛いですよね?でも、髪の毛をハサミでバサっと切っても痛みを感じ無いと思います。それは、毛が死んだ細胞(角質化した細胞)であるからなんです。爪も角質化した構造物の代表です。

毛を細かくみてみると、全てが死んだ細胞ではなく、根元に「毛母細胞」と呼ばれる生きた細胞が住んでいて、その場所が「毛根」と呼ばれています。
この「毛母細胞」が毛のサイクルの主役です!

毛には「毛周期」と呼ばれる成長サイクルがあり、【成長期】→【退行期】→【休止期】→【新生期】の4期からなります。サイクルですので、新生期の後はまた成長期がやってきます。
この「成長したり、休止する」細胞の正体が「毛母細胞」です。毛母細胞がイケイケで元気な時が成長期、やる気がなくなってきた時が退行期、完全にストップしてしまっている時が休止期、次の新しい毛母細胞が生まれてくるのが新生期です。新生期には、古い毛(休止期の毛)の奥に新しい毛が生え始め、古い毛を押し出して、脱毛が起こります。

毛母細胞が、日照時間・気温・ホルモン・種の影響を受けて、活発になります。ひなたぼっこは、毛母細胞に影響を与えているんですね。

病気かどうかを確認するためにも、春先に生え代わり時期が来るように、ふだんからひなたぼっこさせてあげましょう!

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top