ブログの画像

する?しない?避妊去勢手術のメリットと注意点

2021年10月19日

ブログ著者の写真

くるみ動物病院
桑原慶院長

最近、わんちゃんや猫ちゃんとの生活を始められた方にとって、
「避妊去勢手術をするかしないか」は重要な検討項目になるのではないでしょうか?
「手術をすることが、この子にとっていいのかどうか・・・」と悩んでしまうこともありますよね。

今回は犬猫の避妊去勢手術のメリットと注意点についてお話していきます。

愛犬愛猫の避妊去勢手術を検討されている方の一助になれば幸いです。

犬猫の避妊去勢手術〜メリット

○望まない妊娠を避けられる

お散歩途中に交配してしまい、妊娠する(させる)のを予防することができます。

○生殖器、性ホルモンに関連した病気の予防になる

オス・メスそれぞれに、性ホルモンに関連した病気があります。
避妊去勢手術をすることで、次のような病気の予防が可能になります。

オス:前立腺肥大症、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など
メス:子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など

○性ホルモンによる問題行動の抑制になる

トイレ以外でのマーキング目的での排泄や攻撃性などが緩和されます。

犬猫の避妊去勢手術〜注意しておきたいこと

○去勢避妊手術は全身麻酔

全身麻酔に伴う危険性は技術、モニター、麻酔薬などの進歩により著しく低下してきています。しかし一方で、稀ではありますが合併症の発生があることも事実です。
気になる方はかかりつけの動物病院の先生に相談されてみて下さい。

○体重が増加しやすくなる

手術前と同じ食生活では体重が増えることが一般的ですが、適切なフードの給餌や量の調整により対応が可能です。

○極めてまれに合併症も

極めて少ない割合で下記のような合併症が起こることがあります。
創傷の感染症、尿失禁、排尿障害、薬物や縫合糸に対するアレルギー反応など

ポス代
ポス代

注意点をよく読んで、不安な事は獣医さんに相談してみよう!

このように、メリットも、そして注意点もあるのが避妊去勢手術です。
行う行わないについて、ご家族の方も含めて検討してみてくださいね。また、不明な点、心配な点があれば、かかりつけの動物病院の先生に相談されてみるのが一番。獣医師ともお話をし、避妊去勢手術についてしっかり理解されてから、判断をすると良いと思います。

今回記事を書いてくださった、桑原院長の、くるみ動物病院さんはこちら!
http://www.kurumiah.com/

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生理
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
睡眠
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
避妊
肛門腺
肛門腺炎
肛門周囲腺腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
膣炎
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食欲低下
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
多飲
多尿
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿路感染症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
排尿障害
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
毛玉
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
会陰ヘルニア
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top