ブログの画像

ペットも耳が遠くなるの?

2020年10月20日

ブログ著者の写真

ゆう動物病院 
田積佳和先生

犬も猫も優れた聴覚の持ち主であることはよく知られていますね。
では、動物たちも耳が遠くなるのでしょうか。
不思議に思ったことがある人もいるかもしれません。
動物でも、一般的に老化による聴力の低下は起こります
老齢の動物と一緒に暮らしている人なら、動物たちの行動の変化から、聴力の低下に気付くことが多いのではないでしょうか。
聴力が低下した犬や猫には

・家族が帰宅してもお出迎えをしなくなってそのまま寝ている
・インターホンが鳴るとすぐに吠えていた/隠れていたのに反応しなくなった
・人が近づく気配、物音にも気付かない
・雷を怖がらなくなった

などの変化が見られます。
今日は、聴力が低下する原因と、耳が遠くなってしまった時の対処法についてお話していきましょう。

なるほど!耳で音が聞こえる仕組

聴力が低下する原因はいくつかありますが、それについてお話する前に、音はどうやって認識されているかをお話します。


耳は、外から順に外耳・中耳・内耳に分けられます。
人でいう耳たぶの部分を耳介といい、耳の穴を耳道といいます。耳介~耳道を外耳といい、耳道の奥に鼓膜があります。
鼓膜の奥の「中耳」は鼓室・耳小骨・耳管から、中耳の奥の「内耳」は、半規管と蝸牛から構成されています。
音は、耳道を通って鼓膜を振動させ、鼓膜の振動が耳小骨へ、さらに内耳の蝸牛へと伝えられます。
蝸牛内にはリンパ液という液体が入っており、この液体の振動を蝸牛内の細胞が感知して聴神経を刺激、脳へ信号が伝達されて音が認識されます。
この一連の経路が障害されると聴力の低下が生じるのです。

どうして耳が遠くなるの?

聴力の低下の原因はいくつか考えられます。

・老化
年齢を重ねることで蝸牛内の細胞数の減少などが起こり、音を感知する能力が低下します。
・感染症(外耳炎、中耳炎、内耳炎)
外耳に炎症が生じると、耳道が厚くなることで狭窄し、ひどければ閉塞を生じます。
耳道の閉塞や鼓膜の損傷が生じると空気の振動をうまく耳の奥に伝えることができず、聴力が低下します。耳に炎症がある場合、痒みや痛み、耳だれなどの症状がみられることも多く、定期的に犬や猫の耳をチェックすることで早期発見に努めましょう。
・異物
植物の種子や毛、虫、ゴミなどの異物が耳道内に入ってしまうこともあり、炎症を起こす原因にもなります。
・薬
特定の薬で聴覚障害が起きることが報告されています。何らかの薬物に曝露された可能性がある場合にはかかりつけの獣医師に伝えましょう。
・脳、聴神経の障害
耳の機能は正常でも、音による刺激を脳に伝達する神経に障害があったり、刺激を受け取って認識する脳自体に障害があったりすると聴覚は正常に働きません。他の神経症状とあわせてみられることもあります。
 
このように、聴力の低下といっても原因は様々です。
耳が遠くなったのではと感じたら、「歳のせいだろう」と即決めつけてしまわずに、まずはかかりつけの獣医師に相談しましょう。

ポス代
ポス代

なにかおかしいなぁ…と思ったら病院に連れて行こう!

「耳が遠くなった」ら気をつけてあげたい2つのこと

日常の中で驚かせない工夫を

聴覚が衰えると、物音で周囲の変化を把握することがむずかしくなりますので、動物は臆病になりがちです。
急に触るとびっくりして咄嗟に噛んでしまうこともあります。
寝ているのであれば、床を叩くなどの方法で起こしてから、視界に入る、臭いを嗅がせるなどの方法で人を認識させてから触るようにしましょう

楽しい刺激を与えてあげよう

嗅覚トレーニングや知育トイなども老齢動物にとってよい刺激になり、運動機能の維持や認知症の予防にもつながります。

愛するわんちゃん、猫ちゃんの耳が遠くなったら、それまでとは違う反応や行動に、飼い主さんもとまどってしまうかもしれませんね。
でも、「耳が遠くなったから〜できない」、「もう歳だから仕方ない」ではなく、
耳が遠くなった、それでもできること、楽しめることを
と考えてあげてください。
ペットの健康寿命のために、愛情をもって、そして前向きに接してあげていただきたいと思います。

今回記事を執筆してくださった、田積先生の「ゆう動物病院」はこちら!

http://you-ah.com

to-top