ブログの画像

犬も認知症になるって本当ですか?〜シニア犬の幸せのために②介護編

2021年10月5日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
あぷ理先生

食事や予防医療など医療の進歩のおかげで、
人間と同じように犬の寿命も延び、ワンちゃんの高齢化が進んでいます。
それゆえ、以前お話した高齢犬の認知症問題など、
新たな課題も増えているのが現状です。
一般に犬がシニア期に入るのは、7歳前後だと考えられていますが、
年齢を重ねたワンちゃんに快適な生活を送ってもらいたいというのは、飼い主さん皆さんの願いなことでしょう。
今日は、ワンちゃんの高齢化とは切り離せない、
シニア犬の介護について特に食事・排泄に焦点を置きながらお話していきます。

アニー
アニー

アニーも元気に長生きするぞ!!

シニア犬の介護〜食事について

・少量ずつ回数を増やす
・ドライフードは40℃のお湯でふやかす
・ペースト状の流動食も利用
・ほんのり温める
・食べる姿勢も確認

自分で食べることができる症例でも今までのようにスムーズに食事が摂れなったり、歯が悪くなってくると固いものが食べられなくなることがあります。
ドライフードをふやかして与えると食べやすくなるだけでなく消化がよくなったり、不足しがちな水分も同時に摂取することができます

この時気をつけて欲しいのが熱湯ではなく40℃程度のお湯を使用することです。

ビタミンなどは熱で壊れてしまうため時間はかかりますが熱湯は使わずにふやかします。
缶詰などウェットタイプの食事も使用できます。
ドライフードとは違い傷みやすいので、食べ残した場合には置き餌はせず一定時間が経過した場合には処分するように、作り置きせずに1回分ずつ作るようにしてください。

ポス代
ポス代

ふやかすことで水分の摂取もできるんだね!!

なるほど!

噛む力や飲み込む力が弱くなってきたらペースト食や流動食を使用することができます。
またミキサーを使用してふやかしたドライフードや缶詰を用いてペースト食を作ることができます。
与えるときは飲み込めているかを確認しながら少しずつ与え、誤嚥させないように注意が必要です。

缶詰などは電子レンジを使い適度に温めることで香りが増し、食欲増進効果があります。
自力で食事が困難な場合には経鼻カテーテルや食道チューブなどを用いて食事管理を行う方法もあります。

高齢犬ではどうしても 1回の食事量が減ってしまうため、少量ずつ回数を増やして給餌することも重要です。
また、足腰が弱くなってくると下を向いて食事をすると負担になることもあります。
食器を台に乗せ、少し高くするだけで食べやすくなります
寝たきりの子に食事を与えるときは必ず体を起こし、食事を与えてください
食事の際には水分摂取も忘れずに行ってください。
動物用の経口補水液もあります。必要に応じて使用することができます。

シニア犬の介護〜排泄について

・トイレは近くに、定期的に誘導
・外排泄の犬は、外に連れ出し支えてあげると排泄することも
・おむつを利用するときはかぶれ対策を
・便秘のときは肛門周りを優しく刺激

足腰が弱くなるとトイレまで移動することが負担になり、我慢しがちになることがあります。定期的にトイレに誘導したり、トイレの位置を寝床の近くに変更するといいでしょう。

トイレを失敗してしまうようになったら、おむつを利用するのもよいでしょう。
各サイズのおむつが市販されていますし、人間の赤ちゃん用のおむつに尻尾の穴を開けることで代用することもできます。
ただし、おむつを使用するとおむつかぶれしてしまうことがあるので、排泄した後はこまめにおむつを取り替え、おむつかぶれを防ぐようにしてください。また、ワセリンを塗ることで尿やけを防ぐこともできます

あに丸先生
あに丸先生

おむつかぶれが無いか、おむつを替える時に確認しよう!

足腰が弱くなると排便時に踏ん張ることができなくなり、便秘気味になることがあります。
便が少ない時には肛門周りを刺激することで排便を促すことができることがあります。
他にも 湿らせた綿棒で肛門を刺激してもいいでしょう。

また、外で排泄していた子は室内では我慢してしまうこともあります。
歩行が難しくても外に連れ出し、支えてあげることで排泄を促すことができる場合があります。

シニア犬の介護〜床ずれ(褥瘡)

・寝たきりにならないためにはリハビリが重要
・滑らないところでできる限り歩かせる
・床ずれ防止には、定期的な体位交換やクッション性のある敷物を
・関節が固まらないように曲げ伸ばしやマッサージも

高齢になり足腰が弱くなると、どうしても寝ている時間が長くなりますが、寝たきりになってしまわないためにはリハビリが必要です。
滑らないようなマットや芝生など歩きやすいところで、できる限り歩かせるようにしましょう。
支えが必要な場合には体を吊って支えることができるハーネスを使用したり、必要に応じて車椅子などもあります。

ポス代
ポス代

寝たきりになるとワンちゃんも飼い主さんも辛いね。

無理のない範囲でリハビリをしよう!

困った時は獣医さんに相談しようね

歩行が不可能になってくると褥瘡(床ずれ)ができることがあります。
一部分に体重が集中することを避けることで褥瘡を予防できるため、定期的に体勢を変えたり、低反発などクッション性のある敷物を使用するようにしましょう。
最近は体を起こした姿勢を保てるような介護用クッションなども販売されています。

関節が固まってしまわないように曲げ伸ばし運動をしたり、マッサージで筋肉をほぐすことも有効なリハビリです。
飼い主さんとコミュニケーションすることで刺激になり、認知症の予防や治療にもなります。

シニア犬の介護〜夜鳴き

・夜鳴きはあるものとして各対策を
・認知症などで鳴き続ける場合は獣医に相談

介護をしていて避けて通れないのが「夜鳴き」です。
飼い主の生活に影響が出るだけでなく、ご近所にも迷惑がかかることもあるため、問題となってしまうことも。

ワンちゃんのほうも、体が不自由になるため何かを要求して吠えてしまったり、不安が大きくなり飼い主が近くにいないと鳴くという場合もあります

さらに、認知症による夜鳴きの場合には、要求を満たし飼い主が側にいても鳴き続けることがあります。早期の場合には薬物による治療なども有効ですが、鎮静剤を使用しなければならないこともあります。

昼夜が逆転してしまう場合には、リハビリなどなるべくコミュニケーションを取る時間を増やし、昼に寝せないようにする。
寝る時間の前に食事をさせたりトイレの介助をすることで熟睡できるようにサポートすることが大事です。

その他に注意したいこと〜体温調節・事故・誤食

・高齢になると体温調節が難しくなります。
室温26度、湿度50%程度の快適な環境を保つようにしましょう。


・認知症になるとソファーやベッドから落下したり、事故につながることがあるため、ケージやサークルなどで安全を確保してください。徘徊して行き止まりにぶつかって立ち往生してしまうこともあるため、円形のサークルに保護クッションなどを使用して利用することもできます。


・認知機能が低下すると今まで口にしなかったようなものを食べてしまうこともあります。誤食を防ぐため届くところに口に入れそうなものを置かないことが大切です。植物なども注意が必要です。

あに丸先生
あに丸先生

ワンちゃんに健康で楽しい犬生を送ってもらうためにも、適度な運動と年齢に合ったケアを行ってあげましょう。気になる事があったら獣医さんに相談してくださいね。

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
避妊
肛門周囲腺腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿路感染症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
排尿障害
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
会陰ヘルニア
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top