ブログの画像

ペットにも花粉症があるの?

2020年3月14日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
あぷ理先生

花粉症の季節がやってきました。うちのペットも涙目になってる?ペットのアレルギーについてまとめました。

ペットにも花粉症はあります、が・・・

症状は人間と少し違います。「皮膚のかゆみ」が多いです。

まず、ペットにも花粉症はあるのでしょうか?答えは「ある」です。しかし、人間のようなくしゃみや鼻水ではなく、「かゆみ」として発症することが多いです。犬の疾患で多いのは皮膚炎ですが、その原因の一つがスギ花粉かもしれません。逆に、ペットが涙目だったり鼻水が垂れていたり、という場合は、花粉症ではなく別の疾患の可能性もあります。では、症状別に一つ一つ見ていきましょう!

①ふけがでる、かゆみ、赤みがある、など
花粉症を含む「皮膚炎」の可能性があります。皮膚炎はペットの疾患でよくあるもので原因は花粉症だけにとどまりません。アレルゲンとしては、花粉(スギ)以外にも、牛肉、小麦、大豆などが考えられます。(ただし、猫についてのアレルギー研究はまだ犬ほどは進んでいないため、今後アレルゲンが追加されることも予想されます。)

②くしゃみ、鼻水、呼吸困難など
異物混入・感染症・腫瘍・アレルギー症状(花粉症含む)が考えられます。アレルギーであれば、アレルゲンを回避すれば症状は改善しますが、異物混入や腫瘍の場合は飼い主様ご自身では対応が難しいと思われます。原因を探ってはやく治すためにも、動物病院で診てもらいましょう。

ポス代
ポス代

人間みたいなくしゃみ・鼻水は「異物混入」かもしれないのね!

③涙目、目ヤニなど
犬の場合は鼻涙管が詰まっているのかも。動物病院でつまりを解消してもらいましょう。場合によっては全身麻酔になるので、必要に応じて実施することになります。原因が逆さまつ毛のこともあります。
猫の場合は、ウィルス性結膜炎の可能性もあります。特に猫ちゃんは、目ヤニにも注意してあげてください。目ヤニの色も注意が必要で、黄色や緑色の目やにが出ていたら要注意です。

花粉症の場合、ペット用の花粉症対策のお薬もあります。動物病院で診てもらいましょう。検査は、人間のようなパッチテストではなく、血液検査で行うことが多いです。

ポス代
ポス代

花粉症のペット用お薬があってよかった!

今回は季節柄、「花粉症」をテーマにして症状をお伝えしましたが、ペットの鼻については、他にも「出血」「鼻が乾いている」というのも病気の症状として現れます。日ごろから目や鼻の状態も気にして「いつもとちがう!」と思ったら、動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
短頭種
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
定期健診
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top