ブログの画像

犬の生理事情

2021年11月2日

ブログ著者の写真

ゆう動物病院
田積佳和先生

「犬にも生理がある」・・・犬の飼い主さんなら、「当たり前!」と言うかもしれません。
たしかに、犬でも女の子は、陰部から出血がみられることがあります。
飼い主さんはこれを「生理」と表現されることが多いのですが、実は犬の「生理」はヒトの「生理」とまったく異なるものです。
今日は、「犬の生理」についてお話していこうと思います。

<ヒトとは違う「犬の生理」>

皆さんもご存知のように、ヒトの「生理」すなわち月経は、子宮内膜の周期的な剥離・脱落のことを言います。
通常は排卵から約14日間後に、妊娠が成立しなかった場合に厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることで生じます。
ヒトでは「生理中」は妊娠しにくい時期です。
 これに対し、犬の「生理」は排卵の前から始まり、出血している期間の途中で、排卵が起こる「発情出血」です。
つまり、犬では「生理中」とは妊娠しやすい時期なのです。

<犬の発情周期と年齢>

犬は生後8-10ヶ月齢ごろから発情が始まることが多く、その周期は年1~2回です。
一般的に小型犬のほうが発情周期は短く、大型犬ほど長くなる傾向にあります。
高齢になると不定期的になることも少なくありません。
犬の発情周期は、このようなサイクルです。

・発情前期
外陰部の腫れ・充血が始まり、陰部から出血がみられます。
この時期は平均5-10日間続き、まだ雄犬の交尾行動を許容することはありません。
・発情期
外陰部はさらに腫れて大きくなり、まだ陰部からの出血もみられます。
雄犬による交尾行動を許容する時期で、6~12日間程度続きます(平均10日間)。発情期の第3日に排卵が起こりますが、この発情期の間はいつでも妊娠可能です。(つまり、雄犬を許容する時期が交配・妊娠の成立する時期です)
・発情後期
出血はみられなくなり、雄犬の許容もしなくなります。
妊娠、偽妊娠がみられる時期であり、約2ヶ月続きます。
・無発情期
卵巣活動が休止する時期であり、心身ともに安定している時期になります。
この時期の長さは犬種によって異なっていて、3ヶ月~13ヶ月とされます。

<発情中の変化>

個体差はありますが、下記のような変化がみられることがあります。

・陰部を舐める
・おちつきがなくなる、興奮しやすい
・マウンティング
・元気、食欲の低下


ただし、これらの変化には病気が隠れている場合もありますので、症状が強い場合や発情周期の異常がみられる場合には、速やかに動物病院を受診するようにしましょう。

<「犬の生理」には3つの対策を>

・室内の汚れ対策
 陰部からの出血が床やソファ、カーペットなどに付着し、室内が汚れてしまいやすいので、愛犬の生活空間にペットシーツやジョイントマットを敷くなどの方法で対応するとよいでしょう。オムツを履かせておくのもひとつの方法ですが、かぶれに注意しましょう。
・元気、食欲低下への対策
 体調の変化によるものですので、散歩に行きたがらない様子であれば無理に連れ出すのはやめましょう。食欲低下に対しては、ウェットフードやトッピングなど嗜好性の高いものを試してみるのもひとつです。
・妊娠対策
 さきほど述べたように、犬の「生理」は妊娠しやすい時期です。
望まない妊娠を避けるためにも、犬の集まる場所に行くのは避けましょう。

<生理前後は、わんちゃんの体調に気をつけて!>

犬の発情は、犬の体の正常な変化ですが、 膣炎や子宮蓄膿症といった子宮の病気と症状が非常によく似ています。
とくに子宮蓄膿症は、発見が遅れると命を落とすこともある怖い病気です。
子宮蓄膿症では下記のような症状がみられることがあります。


・外陰部からの出血、膿のようなおりもの(出血・排膿がないことも)
・元気、食欲の低下
・歩きたがらない、歩き方がおかしい
・腹部の熱感、腹痛、お腹が膨らんでいる
・水をよく飲む、尿量が増える


「いつもの生理」と油断せずに、「生理」の前後はとくに犬の体調に注意し、子宮蓄膿症が気になる場合には、迷わず獣医師に相談するようにしましょう。

今回記事を執筆してくださった、田積先生の「ゆう動物病院」はこちら!

http://you-ah.com

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生理
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
睡眠
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
避妊
肛門腺
肛門腺炎
肛門周囲腺腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
膣炎
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食欲低下
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
多飲
多尿
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿路感染症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
排尿障害
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
毛玉
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
会陰ヘルニア
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top