ブログの画像

見過ごしてほしくない症状シリーズ③:血便は病気のサインかも?

2021年3月2日

ブログ著者の写真

くるみ動物病院  
桑原慶院長

はじめに

季節の変わり目はお腹の調子を崩すペットも増えてきます。
いつも元気なペットの便が急に柔らかくなったり、血液が混ざると驚かれることと思います。
いざという時のために、ペットの「血便」の原因と動物病院受診のタイミングなどを解説します。

血便が出る原因

便に血液が混ざる時は、大腸から出血していることが考えられ、炎症による粘膜のただれや腫瘍からの出血などが疑われます。

血便が出た時に家庭でやるべきことは?

便の状態や寄生虫感染の有無を獣医師に見てもらうために、採取が可能であれば小指の先端くらいの便をサランラップやプラスチック容器などに包んで持参しましょう
ペットシーツが吸収している場合や、水様便で採取が難しい場合には便の状態を写真で記録し、病院に持参しましょう。

動物病院を受診するタイミング

年齢が若く元気で食欲があり、嘔吐もない場合には、1日ほど様子を見てからの受診でも良いでしょう。
若くても元気食欲がない場合や嘔吐がある場合、また中高齢のペットの場合には、なるべく早めの受診をおすすめします。

動物病院ではどんな検査をするの?

まずは体重・体温測定や視診・触診などにより全身状態を確認していきます。
次に可能であれば、便の検査を行い、寄生虫の有無や腸内細菌のバランスを確認します。
若くて元気や食欲がある場合には身体診察と便検査のみ行い、必要な投薬治療を行っていく場合も多いと思います。

一方で、中高齢の動物や若齢でも具合が悪い場合には、貧血や止血機能の確認、内臓の状態確認のために血液検査や超音波検査を行います。
また、中高齢の動物の場合には直腸内の腫瘤からの出血を考慮し、グローブをはめた指で直腸を触診する場合もあります。
前述の直腸診にて、腫瘤を触知した場合には、さらなる精密検査として大腸カメラの実施が必要になることもあるでしょう。

ポス代
ポス代

普段からペットの便の様子を見ておくと

変化に気づきやすいね!

ペットに「血便」が出た場合には、 若齢の場合には寄生虫感染中高齢の場合には腸の腫瘍が心配です。
まずは、便を持参して、かかりつけの動物病院を受診しましょう。

今回記事を書いてくださった、桑原院長の、くるみ動物病院さんはこちら!
http://www.kurumiah.com/

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
ペット
ペットサロン
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
検査
歯磨き
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top