ブログの画像

見過ごしてほしくない症状シリーズ:しこり

2021年8月17日

ブログ著者の写真

くるみ動物病院
桑原慶院長

愛犬、愛猫のシャンプーやブラッシング、スキンシップをしているときに体の表面に「しこり」を見つけて、慌てて動物病院の受診を検討された方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、体の表面に観察される「しこり」についてまとめたいと思います。

自己判断してはいけない「しこり」

しこりとは、皮膚や皮膚の下の組織にできる腫瘤です
一般的には痛みはありませんが、
周囲に炎症が起こると痛みが出る場合もあります。
原因として、腫瘍や膿などが考えられますが、見た目や硬さ、痛みの有無などだけでは、原因が判断できません。
腫瘍には良性と悪性があり、悪性の場合には「がん」と呼ばれます
「しこり」を触っても痛みがない場合、柔らかい場合でも「がん」の可能性は十分に考えられます
自己判断せずに、獣医師の診察を受けましょう。

アニー
アニー

がんは怖いね…気になる所があったら獣医さんに相談しようっと。

動物病院に行く前に〜「しこり」がすぐにわかるように

気になる「しこり」を見つけた際には、なるべく早めの動物病院の受診をお勧めします。
小さな「しこり」の場合には、毛に紛れて見失ってしまうこともあるため、周辺の毛を短くカットして目印にしたり、場所がわかるように写真を撮影して、動物病院で見せていただくのがよいと思います。

「しこり」の診察

動物病院で行う「しこり」に対する診察は、
外見の観察・触診から始まり、周辺のリンパ節の触診を行っていきます。
次に、「しこり」の正体を推測するために、細い針を刺して内容物を吸引し、顕微鏡で観察します。
観察した結果から適切と考えられる治療選択肢を検討していきます。

普段から気をつけて観察しておきたい体の部位

・胸から内股付近に「しこり」が出る乳腺腫瘍
メスの犬猫(特に避妊手術をしていない場合)では乳腺腫瘍の発生に注意が必要です。
乳腺は胸から内股まで存在するため、ブラッシングやシャンプーの際にお腹側を入念に触ってあげてください
動物のストレスになってはいけないので、嫌がるようであれば、ホドホドにしてあげてくださいね。

・オス犬は睾丸や肛門付近をチェック 
オス犬(特に去勢手術をしていない場合)では精巣腫瘍や肛門周囲の腫瘍の発生に注意が必要です。
睾丸の膨らみに左右差が無いか?肛門の周辺に「しこり」が無いか?などチェックしてあげてみてください。
デリケートな場所のため、執拗に触ると負担になりますので、動物の様子を見ながら観察してください。

ポス代
ポス代

普段のスキンシップやブラッシングを通して肌の状態を知っておく事も大切だね!

性別、避妊去勢手術の有無に関わらず、すべての犬猫で皮膚腫瘍が発生する可能があります。
普段からスキンシップを心がけて頂き、気になる「しこり」を見つけた際には、お近くの動物病院を受診してください。

今回記事を書いてくださった、桑原院長の、くるみ動物病院さんはこちら!
http://www.kurumiah.com/

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
失神
子犬
子猫
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top