犬の涙やけの原因は?おすすめの対策はある?

2021年12月7日

著者桑原先生画像

くるみ動物病院
桑原慶院長

犬の目の周りが茶色に変色してしまう、涙やけ。


涙やけの原因は何なのか、ケアや対策方法はあるのか気になりますよね。

このアニポスブログでは現役獣医師が飼い主さんのお悩みを解決する記事を執筆しています。この記事を読めば涙やけの理解が深まり、対策ができるようになるでしょう。


犬の涙やけは美容上の問題として様子を見ることもありますが、重大な眼の病気が隠れていることもあります。動物病院の診察を受けることをおすすめします。

そもそも犬の涙はどのような役割があるの?

目の表面は、涙で覆われています。

みなさんの目が乾燥してまぶたにくっついてしまわないのも、涙が水分で膜をはってくれているからです。


では、涙やけの原因となる「涙」はどのように分泌され、どのような働きがあるのでしょうか?

涙の分泌には、基礎分泌と反射性分泌の2つのタイプがあります。

1.基礎分泌

犬の涙は瞬目(まばたき)のたびに常に分泌され、


1 目の表面の乾燥を予防する。
2 眼球表面の粘膜や角膜を保護し、酸素や栄養を供給する。

の主に2つの働きをします。

2.反射性分泌

犬の涙は異物などにより角膜が刺激されると、神経を通じて涙腺が刺激され、大量の涙が分泌されます。


1 異物を洗い流す。
2 角膜の傷の治癒を促進する。
3 外傷から眼球を保護する。

の3つの働きがあります。

犬の涙やけはどんな病気?

犬の涙はまぶたの裏側にある涙腺という場所でつくられますが、これが目の表面をつたって目頭にある涙点に入り、鼻涙管を通って鼻に抜けていきます。


しかしこの経路のどこかが詰まると、涙は鼻に抜けずに、眼からあふれてしまいます。


そして、顔に涙液がこぼれだすことにより、被毛が濡れ、涙液の成分により赤褐色に変色します。


これが「涙やけ」という状態です。

犬の涙やけの原因は?

涙やけの原因は、涙が多くつくられてしまう「涙液の産生増加」、そして涙の排泄がうまくいかない「涙液の排泄異常」の2つに分類されます。

1.涙液の産生増加の場合

1 涙腺の炎症による増加
2 異物やまつげによる刺激
3 角膜障害、ブドウ膜炎、緑内障などの目の病気にかかっている場合

2.涙液の排泄異常の場合

1 先天的な鼻涙管の異常
2 後天的な鼻涙管の閉塞または狭窄

などの原因が考えられます。


なんだか犬の目の周りが茶色くなってきたな、と感じてきたら、上のような理由を疑って下さい。

犬の涙やけの対策方法はある?

犬の涙やけが気になるようになったら、「目の周りを拭いてあげれば大丈夫」などと自己判断で処置して終えてしまわず、まずは動物病院の診察を受けて下さい。
上に述べたとおり、重大な疾病や異常が隠されている可能性があるからです。

受診の際は、角膜の傷や目の病気がないかどうかを診察し

・涙が増える病気はないか?

・涙が流れる経路に異常はないか?

などの検査を行って、原因に応じた治療を行います。

原因に応じた治療と並行して、被毛への新たな着色を予防する目的で、目の周辺の被毛についた涙を優しく拭き取っていただくことも有効です。

まとめ

涙やけはさまざまな原因によって起こります。

目の病気が見つからない場合には、美容上の問題として様子を見ることもありますが、重大な眼の病気が隠れていることもあるため、気になることがあれば早めに病院を受診するようにしてください。

獣医師アニー
獣医師アニー

アニポス公式ブログは犬や猫などペットの飼い主さんの悩みを解決できる記事が充実してます。ブックマーク・お気に入りに追加して愛犬・愛猫との暮らしにお役立てください。

今回寄稿頂いた桑原院長のくるみ動物病院さんはこちら。
くるみ動物病院公式サイト

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アニマルセラピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
カビ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
サルモネラ症
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
バルトネラ症
フィラリア
フード
ブドウ膜炎
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マダニ
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
レプトスピラ感染症
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生理
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
睡眠
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
緑内障
職業
避妊
肛門腺
肛門腺炎
肛門周囲腺腫
肝炎
肥大型心筋症
肺水腫
胆嚢粘液嚢腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
膣炎
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食欲低下
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
角膜障害
認知症
誤食
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
SFTS
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
回虫
回虫症
外耳炎
多飲
多尿
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿路疾患
尿路感染症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
心不全
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
拘束型心筋症
拡張型心筋症
排尿障害
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
毛玉
気管虚脱
治療
注射
消化器疾患
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
不整脈
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人獣共通感染症
人気
会陰ヘルニア
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top