ブログの画像

ペットも老眼になるの?

2021年2月16日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
大川拓洋先生

ペットがなんだか見えにくそうにしてる?ペットも老眼になるのかな?
アニポス獣医師、大川先生に教えてもらいました。

ペットもありえる「老眼」!

老眼、とは、病気ではなく症状のことをいいます。
目が見えなくなることではなく「ピントが合わなくなって、ものが見づらくなる」症状のことです。
これは犬・猫に限らず、人間含め、眼の構造が似ている動物では同じものです。

治療の必要はない「老眼」

ではなぜ、ピントが合わなくなるのでしょうか。
理由は「加齢による筋肉の衰え」です。
ピントを合わせる眼の筋肉が衰えて、ピントが合いにくくなるのです。

老眼は「生理現象」ですので、治療の必要はありません。
人間も、老眼は「誰でもなる加齢に伴う生理現象」とされており、老眼鏡で矯正することしかしませんね。

ペットの老眼はいつごろから始まるのでしょう?
人間の年齢に換算して「40代半ば」を目安にしましょう。
眼の構造が人間と似ていることから、眼の筋肉の衰えも同様と考えられます。

ポス代
ポス代

ポス代も眼の調子が悪い気がしてきたよ・・・

眼の調子が悪そうなら病気の可能性あり!

飼い主がペットが老眼になったことに気が付くのは難しいです。
老眼は、痛みを伴うものではありません。また、全く見えなくなるわけではないため、足元が見えずに転んだり、ものにぶつかったりもしません。
逆に「やたらと眼をこすってる」とか、飼い主が気づくような眼の症状がある場合は、要注意です!

ペットには老眼に限らず、眼の病気は沢山あります。
老眼を治すことは難しいですが、他の病気であれば、早く見つけてあげることで、治せるものも多いです。
ペットがこんな症状を持っていたら、早めに病院へ連れて行きしょう。

あに丸先生
あに丸先生

早く見つけて、一緒に治していきましょう!

いつもとちがうこんな行動
・物にぶつかることがある
・夜の散歩を嫌がる

眼を観察するとわかる症状
・涙・目やにが多い。
・眼をしょぼしょぼさせている。
・眼が赤い・白い
・眼をかゆがっている・こすりつけている

・左右の眼の大きさが変わってきた
・眼が飛び出しているように見える

失明する疾患も考えられるので、上記のような症状を見かけたら、動物病院へ行きましょう。
「老眼かな」では片づけず、日ごろから観察して、病気のサインを見つけてくださいね。

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top