ブログの画像

春だから気をつけてあげたい不調【犬編】

2021年3月16日

ブログ著者の写真

くるみ動物病院
桑原慶院長

涼しい日もあれば、温かい日もある季節の変わり目に差し掛かりました。
ペットと共にアウトドアなども検討されている飼い主様も多いのではないでしょうか?
今回は季節性のある疾患としてアレルギー性疾患と季節の変わり目に多い急性胃腸炎を取り上げます。

アトピー性皮膚炎・気管支炎・鼻炎

ダニ、カビ、花粉などが原因で起こる皮膚炎および呼吸器疾患です。
中でもアレルギー性鼻炎は ヒトでも「花粉症」として馴染みが深いと思います。
症状は季節によって変化し、アレルゲンが飛散する時期にだけ痒みや咳、鼻水やくしゃみが出ます。
ペットに上記の症状が出たり、治まったりする場合には、アレルギー性疾患が隠れているかもしれません。
近年では、血液検査でアレルギーの原因物質を調べることが出来るようになっています。ペットに気になる症状がある時には、かかりつけの動物病院の獣医師にご相談頂くと良いと思います。


春から増えるアレルゲン物質として、ダニやカビなどの「ハウスダスト」、タンポポやスギなどの「花粉」、ノミや蚊などの「節足動物」が挙げられます。
これらのアレルゲン物質との接触は、日常生活をしていくうえでは、完全に避けることは困難ですが、可能な限り触れないようにすることで症状が軽減されます。

具体的には、次の5点に注意してみて下さい。

生活環境の清掃

空気清浄機の導入

ペットのシャンプー回数を増やす

全身を覆う洋服をペットに着せる

お散歩コースを変更する

上記のような環境改善を行い、出来る限りアレルゲンに触れないように心がけましょう。
アレルギー症状を抑えるためには、環境改善以外にも、お薬の治療が必要になることもあります。
アレルギー検査の件も併せて動物病院にご相談頂くと良いと思います。

急性胃腸炎

急性胃腸炎による嘔吐や下痢は、春に限らず年中発症することが多いですが、涼しい日もあれば、温かい日もある季節の変わり目は、ヒトと同じようにペットも体調を崩しやすいことが考えられます。
元気や食欲があって、便が柔らかい程度であれば、数日様子を見てからの受診でも良いと考えますが、嘔吐がある時や食欲が落ちている時は、かかりつけの動物病院の早めの受診をおすすめします。
軟便や血便など、便の形や色に異常を感じる時は、便をサランラップなどに包んでご持参頂くと、便検査などもスムーズに行えると思います。

ポス代
ポス代

春は、人間もワンちゃんも健康管理にしっかり気を付けよう!

今回記事を書いてくださった、桑原院長の、くるみ動物病院さんはこちら!
http://www.kurumiah.com/

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
短頭種
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
定期健診
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top