ブログの画像

獣医師さんってどんな人?知っているようで知らない獣医の仕事

2021年11月30日

ブログ著者の写真

獣医師 株式会社アニポスCEO
大川拓洋先生

日本各地の獣医師が記事を執筆しているアニポスブログ。
専門性も兼ね備えた正確な情報を届けることで、ペットと飼い主の皆さんの健康と幸せを願うアニポスブログにとって、獣医師の先生方はなくてはならない存在です。
また、ペットを飼っている方にとっても獣医さんは、ちょっとした相談から万が一の事態まで、頼りになる存在ですよね。
今日はそんな「動物のお医者さん」についてもう少し身近に感じてもらおうと、獣医師で株式会社アニポスのCEO、大川拓洋さんにいろいろと聞いてみました。

生命への興味から獣医学部へ

Q: どうして獣医さんになろうと思ったんですか?

小さい頃から、人間を含め生き物みんなに興味があったんです。
「なんで生き物は動くの?なんで病気になるの?なぜ死んでしまうの?」など、生き物に関してたくさんの疑問を抱いていました。
当時ものすごい動物好きだったとか、ペットを飼いたい!と思った記憶はないのですが、小学校の時に、学校に設置されているうさぎ小屋を誰もお世話していないのを見て、いてもたってもいられずに勝手にうさぎ小屋の掃除や餌やり水やりとかを始めたことがありました。
勝手に飼育係をやっているうちに、20頭くらいいたうさぎの中で、控えめでなかなか餌にありつけない一頭をやたらかわいいと感じてしまって(笑)。
その子を少しでも元気にしてあげたくて、先生にお願いし、その日のうちに段ボールに入れて自宅に連れて帰った覚えがあります。

そんな風に、もちろん動物はかわいいと思っていましたが、いわゆる「動物大好き!」みたいな人間ではなかったので、多くの方が想像する「ペットの命を守りたい!」みたいな使命感よりも、生命に対する興味が獣医になろうと思ったきっかけなのかもしれません。
人間の構造や病気にも興味がありましたが、人間も生き物の一部であり、より多くのこと、広範囲のことを学べるだろうと考え、獣医学を学べる大学へ進学しました。

動物に関して幅広く学ぶ獣医学

Q:獣医さんになるには、どんな勉強が必要ですか?

世間一般的に認知されている獣医師は、いわゆる、犬や猫といったペットのお医者さんだと思います。
しかし実際の獣医師は、例えば、牛や豚などの畜産、食品衛生分野、公衆衛生分野、製薬や研究機関など幅広い分野で、その専門知識を使って活躍しています

獣医師になるためには、獣医学を学べる大学に入学し、必要な単位をおさめ、一年に1回行われる獣医師国家資格試験に合格し、国に獣医師登録をすることが必要です。
大学では様々な講義があって、将来なりたいのがペットのお医者さんだったとしても、獣医師になるためには全くその分野とは関係のない「ように見える」分野も学び修める必要があります
私自身も、食品を燃やして、その食品のカロリー(熱量)を算出したりする授業で「どんな関係があるの・・?」と思いながら受けていたこともあります。(笑)
とにかく、一通り動物に関して幅広く学ぶことができるのが、獣医学を学べる大学です。
とはいえ、授業では各分野のさわり程度しか学ぶことはできません。もっと深掘りして詳しく学びたい分野に関しては、研究室などに所属し学ぶことが多いように思います。
私は、生物の病気・病態に興味があったので、「獣医内科学研究室」に所属し、犬猫の臨床をしながら、犬の乳癌の分子生物学的な研究を行い、卒論もこのテーマで書いています。

分野によって異なる求められる資質

Q:獣医さんには、どんな人が向いていると思いますか?

私の周りには、小動物臨床の獣医師、公務員(公衆衛生)獣医師、製薬会社の獣医師、畜産動物獣医師など多くの分野で活躍する獣医師さんが多くいます。
それぞれの分野で求められる資質は、それぞれで異なっていると思うのですが、共通点はみんな「学習意欲が高い」ことですね。
獣医師という職業は、「獣医になりたくてなった」人が圧倒的に多い仕事です。「やらなくてはいけないから学ぶ」ではなくて「興味があるから学ぶ」という気持ちが続いているから、学習意欲が高いのかもしれません。
必要な資質の例をあげれば、小動物臨床の獣医師であれば、ペットはもちろんですが、その飼い主様の気持ちに寄り添うことができる「共感する能力」があるとより良いかもしれないなど、分野によって様々なものがあると思います。

ペットを想う気持ちに寄り添う獣医師として、アニポスCEOとして

Q:臨床獣医師時代、実際にペットや飼い主さんと接する日々はどうでしたか?

飼い主様のペットに対する想いに応えようととにかく無我夢中だったので、「楽しい」よりも「大変」の方が大きい毎日でした!
でも、だからこそ学びがあり、自分が成長することができた日々でもありました。
関わることができた動物たちや飼い主の皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

アニポスでも大変なことが圧倒的に多いですが、飼い主様により良いサービス・プロダクトの提供を目指し一生懸命に働いています。飼い主様のペットに対する想いに寄り添い応えていきたいという想いは、臨床獣医師だった頃とそのまま同じです。
これからも獣医師という国家資格に責任を持って、ペットと飼い主様のよりよい未来のために尽くしていきたいと思っています。

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アニマルセラピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブドウ膜炎
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生理
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
睡眠
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
精巣手術
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
緑内障
職業
避妊
肛門腺
肛門腺炎
肛門周囲腺腫
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
膣炎
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食欲低下
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
角膜障害
認知症
誤食
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
前立腺肥大症
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
卵巣腫瘍
去勢手術
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
多飲
多尿
失神
子犬
子猫
子宮蓄膿症
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿路感染症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
排尿障害
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
毛玉
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
下部尿路疾患
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
会陰ヘルニア
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top