ブログの画像

猫は外で遊ばせたほうがいいの?

2020年5月26日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
あに丸先生

アニポスは「室内飼い」をおすすめ。

屋外には「事故やケガ」「病気」のリスクが!

<事故やケガについて>
猫はもともと警戒心が強いので、危険な場所にはあまり行きません。
でも、他の猫とのけんかでケガをする可能性があります。
自分からけんかを仕掛けなくても、相手から仕掛けられることもあります。
ちなみに、自分から仕掛ける子は顔や首周りに、巻き込まれる子は腰や後ろ足にケガをしやすいです。
見た目で出血が少なくても、骨に異常があることも。

アニー
アニー

ケンカに巻き込まれることもあるんだね

<病気について>
病気の原因は、寄生虫や感染症です。

寄生虫はノミ・ダニが多いのですが、これらは効果の高い駆除薬がありますので、定期的に病院で投与してもらいましょう
特にダニについては人間にも影響を及ぼしかねないので、要注意です。
他にも壺型吸虫やマンソン裂頭条虫という寄生虫もいます。これらは薬に対して強く治療が大変です。これらはカエルや蛇などの小動物を食べると、感染の可能性が高くなります。

感染症は、ウイルスによる感染症が多く、特に「猫白血病ウイルス感染症」と「猫エイズウイルス感染症」には気を付けましょう。
ウイルス検査は血液で検査することができますが、陽性反応が出るまでには感染してから日数がかかるため、検査のタイミングも重要です。屋内飼いの猫ちゃんがうっかり外に出てしまい感染しても、外に出て間もない頃に検査しても陽性反応が出ないのです・・・
検査をして陰性であっても、外に出たらまた同じ感染リスクにさらされますので、定期的に検査するほうが安心ですね

保護猫でも屋内飼いにチャレンジしてみよう!

猫ちゃんがもともと保護猫であった場合など、屋外が慣れている場合は無理に屋内飼いすると、ストレスをためてしまうこともあります。

でもあきらめないで!
その子の性格や、どのくらいの期間を屋外で過ごしてきたかによって、室内飼いに慣れる可能性もあります!
室内で遊べる環境(キャットタワー、キャットウォークなど)を整え、外に行かなくても満足できるようにがんばってもらいましょう!
動物病院で、その猫ちゃんの性格からおすすめの「慣れ方」を教えてもらうのも手です。

室内だから100%安心ということはなく、誤飲で中毒になったりすることはありますから、うちの子の「いつもの状態」を把握して、変化に気づけるようにしてあげてくださいね!

アニー
アニー

人間には体調不良を隠しちゃうから、よく見てね!

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
短頭種
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
定期健診
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top