ブログの画像

犬や猫のおしっこ。どうやってしつける?

2020年3月7日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
あに丸先生

トイレトレーニングは難しいものではありません。

トイレのしつけって大変なの?
トイレでしてくれない、お散歩中は我慢しちゃう・・・ 
生理現象をムリに止めてしまうのは、ペットの健康にもよくありません。
ペットの快適トイレライフを飼い主さんがサポートしてあげましょう。

ペット用のおむつもあります

犬も猫も、トイレトレーニングは難しいものではありません。ペット初心者の方ははじめてのことなので戸惑うかもしれませんが、人間の赤ちゃんもトイレトレーニングをして、おむつからトイレで排泄するようになるのと同じ、と考えてください。ペットもトイレトレーニングをすれば、ちゃんとトイレで排泄します。ペットのトイレトレーニングは、2~3か月と考えてください。トレーニング中、気になる方はペット用のおむつもあるので、それを使用するとよいでしょう。

我慢はよくない!

人間もペットも、生き物なので、排泄を我慢させてしまうことはよくありません。犬がおしっこをする回数は、3~4時間に1回程度(3~4回/日)。猫はそれよりも頻繁にさせてあげたほうがいいです(個体差があるので、過度な心配は必要ありません)。猫は犬よりも泌尿器系の病気にかかりやすいので、少し気にかけてあげましょう

人間でもストレスが原因で便秘になることがありますが、ペットも「ストレス」で排泄を我慢してしまうことも・・・。ペットが排泄していないことに気づいたら、飼い主さんが「ペットがトイレをしやすい環境」を整えてあげましょう。
犬によくあるのは、家の中でおしっこをしない、つまり散歩中じゃないと排泄しないようになってしまうことです。病気かな?と心配する前にまずはちょっとした対策をしてみましょう。それは「外でおしっこしたとき、ペットシーツにしみこませておいて、それを家のトイレに置いておく」、「家の中でおしっこしたら、ほめてあげる」。犬は匂いでおしっこする傾向があります。まず匂いでおしっこを誘導しておいて、できたらほめる!家でおしっこしない、ということは、以前、家でおしっこしたときにストレスを感じたのかもしれません。「家でおしっこしていいんだよ」というのを犬に感じてもらいましょう。

ポス代
ポス代

私も便秘だわ~

トイレの数を増やすのもアリ!

他にも、ペットトイレを設置しているのに、そこでおしっこしてくれない、という悩みもあるかもしれません。その場合は、トイレの数を増やしてあげましょう!もしかしたら、そのトイレでおしっこをしているときに、何かストレスを感じて、そこのトイレが嫌になってしまったのかも。物理的にトイレの数を増やすことで、心地いいトイレが見つかるようにしてあげましょう。トイレを増やす場合は「ペットシーツにおしっこを染み込ませておいて、トイレに置いておく」ようにしてください。

猫の場合、犬よりも縄張り意識が強いので、もし複数の猫を飼っている場合は、頭数+1のトイレを用意してあげると、自分のトイレを見つけやすくなって、排泄しやすくなります。

排泄しすぎもよくない

ここまで、おしっこを我慢しちゃうペットの対策を見てきましたが、逆に排泄しすぎるというのは心配です。普段から、排泄の回数・色・匂いなどをチェックして、「おかしいな」と気づいたら、早めに動物病院に連れて行って診てもらうと安心です。

アニー
アニー

「いつもの排泄」を知っておくといいね

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
ペット
ペットサロン
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
検査
歯磨き
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top