ブログの画像

猫の口臭について

2021年9月14日

ブログ著者の写真

猫の診療室モモ
谷口 史奈先生

「猫を吸う」という表現が数年前に流行りましたね。

愛猫の頭やお腹に顔を擦り寄せて、スーハーと匂いを嗅ぐ行為です。
猫好きさんなら心当たりがありますよね?(笑)
最近吸ってないな…という方は、今すぐ愛猫の顔を吸ってみてください。
(キスはダメですよ)
お口から変なにおいはしませんでしたか?

猫の口臭はあらゆる病気のサインの可能性があります。

今回は「愛猫の口がくさい!」から考えられる病気や、デンタルケアの方法についてお話しします。

【猫の口がくさい時に考えられる病気 その1 歯周病】

まず思いつくのが歯周病でしょう。

3歳以上の猫の8割が歯周病とも言われるほど、猫にとっては身近な疾患です。

・歯茎が赤い
・歯の一部が変色している
・歯石と思われる塊がついている
などの場合は真っ先に歯周病が疑われます。

子猫でこのような状況がみられた場合、乳歯の生え変わりで一時的に赤くなったりにおいがしたりしている場合もあります。
ただ、そのまま若年性歯周病に移行する子もいますので経過観察が必要です。
歯周病の予防としては、ワンちゃん同様に歯磨きがベストです。

後半で詳しくお話ししますね。

【猫の口がくさい時に考えられる病気 その2 口内炎】

口内炎というと、ポツっとした炎症ができて塗り薬などで治るイメージですが、猫の口内炎は全く違います
口の中全体、歯茎から口角や喉の奥まで含めて赤くただれてしまい、かなりの痛みを伴います。
しかも難治性で、場合によっては 麻酔をかけて歯を全部抜かないと痛くて食べられないという子もいます。
ウイルス感染や免疫力の低下などいくつかの要素が関わっている場合が多く、治療の流れもその子によって変わってくるので、口内炎が疑われる場合はまずは動物病院を受診して頂く必要があります。

ポス代
ポス代

口内炎は猫ちゃんにとっては一大事なんだね。

【猫の口がくさい時に考えられる病気 その3 腫瘍】

口腔内に扁平上皮癌などの腫瘍ができている場合、歯肉炎やヨダレ、口臭の一因になります。
進行すると口をうまく開閉できなくなり、食べることができなくなるおそれもあります。

【猫の口がくさい時に考えられる病気 その4 腎臓病】

主に高齢の猫ちゃんですが、腎臓病が進行すると独特な口臭がすることがあります。
特に、アンモニア臭のようなツンとしたにおいがする場合は緊急事態の可能性もあります。
また、脱水や歯肉炎の進行も併発しますので、もともとあった口臭も強くなります。

【猫の口がくさい時に考えられる病気 その5 糖尿病】

こちらもある程度歳を重ねた猫ちゃんがメインです。
糖尿病が進行すると、ケトン臭という甘酸っぱいようなにおいがする場合があります。

ポス代
ポス代

とは言え、猫ちゃんのデンタルケアは大変そう…

教えて獣医さん!

【無理やりは逆効果!猫ちゃんのデンタルケアの方法】

歯周病については定期的な歯のケアで予防できますので、
愛猫が嫌がらない方法を何かひとつでも取り入れることをお勧めしています。
ついつい、張り切って歯磨きをしようとしてしまいますが、
嫌がる子にいきなり歯ブラシから始めるのは逆効果です。

無理矢理磨いているうちに、口を触られることそのものを嫌いになってしまい、 歯磨きはおろか口腔内のチェックすらできなくなってしまうおそれもあります

【猫の歯磨きはステップバイステップで】

以下に、簡単なケアから順に一番難しいケア(歯磨き)まで順番に挙げていきます。
もちろん、より難しいものの方がより効果が期待できます。
歯磨きはあくまでもケアの頂点で、難しい子(大半の子は難しいです)はひとつずつレベルを下げて、愛猫が嫌がらないギリギリラインくらいのケアにしておきましょう
そして慣れたらひとつずつレベルを上げていってください。
焦りは禁物、数ヶ月かけて慣らすようにしましょう。

  Lv. 1  フードにふりかけるタイプ、
 飲み水に入れるタイプなどのデンタルケアグッズを使う 
 Lv. 2  デンタルケア用のトリーツ(おやつ)を与える 
 Lv. 3  デンタルケア用のサプリを食べさせる 
 Lv. 4  デンタルジェルを猫の鼻先につけて、自分で舐めてもらう 
 Lv. 5  デンタルジェルを猫の口の中に塗って舐めさせる 
 Lv. 6  指磨き 指に直接デンタルジェルをつけて、指で磨く 
 Lv. 7  ガーゼ磨き ガーゼを指に巻いてデンタルジェルをつけて磨く 
 Lv. 8  歯磨き 歯ブラシにデンタルジェルをつけて磨く 


ちなみに、
各段階の練習として、デンタルジェルのかわりにペースト状のおやつ(通称「チュール」など)を使うと早く慣れてくれる効果が期待できます
ただ、中にはおやつが嬉し過ぎてガーゼごと飲み込んでしまった子もいるので、注意が必要です。

【医療として歯石除去をすることも】

なお、必要に応じて歯石除去(スケーリング)という処置を動物病院で行うこともあります。
これは全身麻酔をして歯の表面と歯周ポケットの歯石を除去することをさし、犬も猫もトリミングサロンなどではできない医療行為になります。
稀に「無麻酔歯石除去」などをうたっているサロンさんなどが見受けられますが、あくまでも医療行為ではなく歯の見た目「だけ」を良くする行為ですので、歯周病を防ぐ効果はありません。(本当の歯石除去は麻酔をしないとできません)

あに丸先生
あに丸先生

猫ちゃんの大きなストレスにならないよう、困った時は獣医師に相談してみてくださいね!

おうちでのデンタルケアについてもっと詳しく知りたい方、愛猫に最適なケア方法を知りたい方は必ず動物病院に相談してくださいね。

今回記事を執筆してくださった、谷口院長の「猫の診療室モモ」は、こちらです。

http://momoneco.com/index.php

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
お手入れ
くしゃみ
けいれん
けんか
しこり
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アトピー性皮膚炎
アナフィラキシーショック
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイプードル
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
フード
ブラッシング
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
狼爪
獣医師
玉ねぎ
生殖器疾患
甲状腺機能低下症
病院
病気
皮膚病
目やに
真菌性皮膚炎
短頭種
移行上皮癌
突発性膀胱炎
糖尿病
細菌性膀胱炎
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腎臓病
腫れ
腫瘍
膀胱炎
膀胱腫瘍
膝蓋骨脱臼
花粉
花粉症
薬浴
露出性角膜炎
靴下
血尿
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
食中毒
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨折
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
車酔い
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副腎皮質機能亢進症
副作用
動物病院
口臭
口内炎
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
外耳炎
失神
子犬
子猫
定期健診
寄生虫
小型犬
尿石症
尿検査
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
栄養
検査
歯磨き
歯周病
気管虚脱
治療
注射
涙やけ
涙目
下痢
中毒
乳腺腫瘍
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top