ブログの画像

ワンちゃんのお散歩②~距離は?注意する事って?お散歩実践編~

2021年4月13日

ブログ著者の写真

アニポス獣医師
あに丸先生

2週にわたってお送りする、ワンちゃんのお散歩についてのお話し♪

今回はお散歩実践編!

ー1日の散歩の回数と距離ー

よく、「1日にどれくらい散歩に行ったらいいですか?」という質問を受けますが
どれくらいといった明確な回数や距離は出ていません。
1番大切なのは 「犬にとって心身ともに負担のない回数や距離で行くこと」です。
その子その子によって、体の大きさや体力は違います。
もちろん、体が大きくなるにつれて必要な運動量も多くなります。
体の大きさだけでなく、犬種にもよって運動量は異なり愛玩犬に分類されるチワワや、シーズー、トイプードルよりも、牧羊犬や牧畜犬に分類されるコーギー、シェパード、コリーの様な犬種の方が必要な運動量は多くなります
普段の散歩の中で自分の子が適度な満足感を感じ、かつ負担のない回数や距離を見つけていってあげましょう。
また、人間社会で生きていく以上、飼い主様自身の生活もあるため、人側も無理なく愛犬との散歩を楽しめる回数、距離で行くと良いでしょう。
たまにいつもと違ったルートや場所に行くことも、犬にとっても良い刺激となり気分転換にもなるでしょう。

ー散歩を嫌がる子は行かなくてもいいの?ー

どうしても室内だけでの運動ではフローリングや畳で足が滑り関節に負担をかけてしまい、
足を痛めたり、足腰に負担をかけたり、将来様々な症状が出てきやすくなります

適度に運動をさせ、筋力を付けるといった意味では散歩に行ったほうがいいでしょう。
ですが、嫌がるのを無理に連れ出すのは良くありません

・抱っこをした状態で散歩をし、徐々に外に慣れさせる。
・おやつやご褒美を使いながら散歩に良いイメージを持たせてあげる。
・まずは、嫌がらない場所や距離から徐々に範囲を広げていく。

など、犬にとって無理のないところから始めましょう。

ーどうしても散歩をしたがる時はー

毎日の散歩は気分転換になり、外の環境から刺激も受けるためとても良いことです。
しかし中には、散歩が楽しみなあまり、飼い主さんの都合が悪く散歩へ連れていけない場合でも、いつもの散歩の時間になると散歩を欲求して吠えたり、行けないことに対して犬自身がストレスを感じてしまう事があります。
その場合は、毎日同じ時間や回数で行くのではなく、散歩へ行く時間や回数をランダムにすると良いでしょう
人間と共に生活している以上、どうしても人側の都合もあります。
平日の忙しい時は少し短めに、その分休日にいつもと違う公園やいつもより少し長く散歩に行くなどをしても良いかもしれません。

ー夏の散歩は要注意ー

真夏の散歩には注意が必要です。
人よりも地面に近い犬は地面からの反射熱をもろに受けてしまうからです。
真夏の散歩はどの犬種でも熱中症になる可能性が大いにありますが、中でも 短頭種や高齢犬、心臓病のある子ではかなりの注意が必要です。
また、人は靴を履いているため分かりにくいですが、真夏のアスファルトはとても高温になっており、肉球を火傷してしまいます。
特に鉄製のマンホールは熱したフライパンの様な状態になっており、アスファルトよりも注意が必要です。
夏に散歩に行くときは、日中は避け、気温の低い早朝や夜に行くようにしましょう。
また、夏に散歩に行くときは一度地面に手を当て温度を確かめるようにして下さい
少しでも熱いと感じたときは行くのをやめましょう。

ー最後にー

ここまで、散歩に関する様々なことをお伝えしましたが
1番大事なのは「犬も人も散歩を楽しむ」ことではないかと思います。
各ご家庭でそれぞれ散歩の楽しみ方があって良いのではないでしょうか。

Tag

うんち
おしっこ
おしゃれ
おれ耳
くしゃみ
けいれん
けんか
しっぽ
しつけ
せっけん
におい
ぶどう
アウトドア
アトピー
アメリカンショートヘア
アレルギー
インフルエンザ
キシリトール
キャットフード
グルーミング
コロナウイルス
ゴールデンウィーク
シャンプー
スコティッシュフォールド
ステロイド
ストレス
ズーノーシス
ダニ
チョコレート
トイレ
トリミング
トレーニング
ドッグフード
ドライヤー
ノミ
ハチ
バッグ
フィラリア
ペット
ペットサロン
ペットフード
マーキング
ミネラル
メンタル
リラックス
ロックダウン
ワクチン
炎症
熱中症
爪とぎ
爪切り
狂犬病
獣医師
玉ねぎ
病院
病気
皮膚病
目やに
結石
緊急事態宣言
総集編
職業
腫れ
花粉
花粉症
薬浴
靴下
血液検査
血便
行動
食べ物
食欲不振
飲み薬
飲み水
見過ごして欲しくないシリーズ
首輪
認知症
誤飲
骨軟骨異形成症
骨付き鶏肉
貧血
鳴き声
鼻水
健康
健康診断
僧帽弁閉鎖不全症
分離不安
副作用
動物病院
口臭
吠える
呼吸
呼吸困難
嘔吐
噛む
子犬
子猫
寄生虫
小型犬
屋外
心臓
心臓病
怪我
愛玩動物看護士
感染症
投薬治療
抗生剤
救急
散歩
検査
歯磨き
歯周病
治療
注射
涙目
下痢
中毒
予防
予防薬
予防接種
人気
体重
体重減少
体臭
体調管理
体温
便
保護猫
to-top