ブログの画像

犬混合ワクチンの選び方

2020年7月28日

ブログ著者の写真

アニポス提携獣医師
鳥海早紀先生

動物病院で「犬のワクチンどれにする?」と急に言われて「えっ、種類があるの?」と知り、悩まれることが多くあります。もういちど動物病院に行くのも面倒だし、よくわからないからここで決めちゃう!となると、後で後悔することも…。
獣医師から子犬の飼い主のみなさんに、あらかじめ知ってほしい情報です!

犬には狂犬病以外にもワクチンがある

獣医師の鳥海です。子犬さんをお迎えされた飼い主さんは、家族でワクチン接種のための動物病院を探されてるのではないでしょうか?
動物病院選びと同時に、選んでもらいたいものがあります!それが!「混合ワクチンの種類」の種類です。
ワクチンって、狂犬病予防以外にも必要なワクチンがあるんです。病院で「混合ワクチンどうしますか?」と聞かれて悩んでしまう飼い主さまが多いんです
もちろん、獣医師の先生のお話を直接聞いて選んでもらいたいです。
でも当日説明を聞いたら、「その場で決められない、もう少し悩みたい!」と思ったり、家族で意見が割れたり、後になってから「やっぱりこっちにしておけば」と思うかも。
なので、この記事で、あらかじめ選ぶポイントを知っておいてくださいね!

ポス代
ポス代

ポス代も悩むわー!

混合ワクチンの選び方のポイントは3つ!

混合ワクチンは3つのグループに大別できる。
飼い主さんの家族構成も参考に。
今後のワンちゃんの外出頻度。

①混合ワクチンは3つのグループに大別できる

1.コアワクチン
2.コアワクチン+ノンコアワクチン
3.コアワクチン+ノンコアワクチン(レプトスピラ感染症予防あり)
お値段も1、2、3の順に高くなっていきます。

そもそも混合ワクチンとは?簡単にいうと、死にいたる可能性のある感染症から、体を守るためのものです。
現在日本では10個近い混合ワクチンの種類がありますが、大きく3つのグループに分けられます。そのため、多くの病院は2~3種類のワクチンを準備しています。

コアワクチン・ノンコアワクチンの違いをお話ししましょう。
コアワクチンは、「特に致死率の高い感染症」を予防します。
ノンコアワクチンは「その他にも犬の体調に異常をきたす感染症」を予防します。致死率はそんなに高くないから大丈夫、というわけではありません!ノンコアワクチンで予防する「レプトスピラ感染症」は、犬だけでなく人にも感染するおそれがあるんです
ほとんどの先生は、ノンコアワクチンを含む、2または3をオススメされるのではないでしょうか?

2と3の違いは「レプトスピラ感染症」予防の有無です。
このワクチンがあったほうがいいのかどうかは、「飼い主さんの家族構成」と「わんちゃんの外出頻度」によります。

アニー
アニー

「レプトスピラ感染症予防」がポイントだね!

②飼い主さんの家族構成は?

お年寄りやお子さんがいるご家庭では、「レプトスピラ感染症」ありのほうがよいのではないでしょうか
レプトスピラ感染症は人にもうつる可能性があります。ご家族に免疫力の低い方がいらっしゃる場合は、人間への感染を防ぐためにも、3のワクチンをお勧めします。

③わんちゃんの今後の外出頻度は?

犬を連れてアウトドアに行かれる予定がある方
犬を連れて田舎に帰省する頻度が高い方
犬の散歩コースに水辺がある方
は、レプトスピラ感染症のリスクが高くなるので、3のワクチンをお勧めします。

レプトスピラ感染症は、ネズミが多く保有しており、尿によって土壌や水を汚染します。なので、野生動物がいる自然に触れる機会が多いわんちゃんは、予防したほうがよいですね。

いかがでしょうか?
いきなり病院で「今後の外出頻度は?」と飼い主様が言われても、なかなか思いつかないのではないでしょうか。考える時間が長くなると、病院での滞在時間が増えて、犬のストレスの原因になってしまうかも。ストレス軽減のためにも、あらかじめ、ポイントを踏まえた混合ワクチンのプランをご家族で考えておきましょう。
動物病院で獣医とプランを再検討して、スムーズに、安心できる混合ワクチンを選択してくださいね。

今回記事を執筆してくださった鳥海先生は、獣医師目線でわかりやすく・いろいろな情報を発信してくださっています!ぜひチャンネル登録してくださいね。

to-top